ホーム  >  ビジネス

「ビジネス 」の記事一覧  944件

宜野湾市喜友名にサンエー 来夏オープンヘ

ryukyushimpo

【宜野湾】県内スーパー最大手のサンエー(宜野湾市、上地哲誠社長)は2018年夏ごろ、宜野湾市喜友名にサンエー喜友名店(仮称)を開店する。予定地はゴルフ練習場が閉鎖して数年前から空き地となっていた。  敷地面積は1万3040平方メートル、地上...

つづきはこちら

メッシュかりゆし人気 速乾性、動きやすく Tシャツ屋ドットコム

kariyusi

「Tシャツ屋ドットコム」を運営するアイアム(那覇市、仲嶺朋広社長)が、メッシュ素材のかりゆしウエアの新商品などユニークな商品開発を手掛けている。東京・国技館では人気力士をデザインした大相撲Tシャツが観戦土産として販売されており、粋やかわいら...

つづきはこちら

かりゆし新ホテル 旭橋駅前に開業 コンドミニアム那覇

condo

「かりゆしコンドミニアムリゾート那覇 リビングイン旭橋駅前アネックス」が7日、那覇市東町にオープンした。マンションなどの空き物件を滞在型宿泊施設として運営するかりゆし(那覇市、當山智士社長)のコンドミニアム事業の新施設で、所有者はリゾートリ...

つづきはこちら

53%が設備投資計画 本年度沖縄県内 帝国データ初調査

tyousa

帝国データバンク沖縄支店は7日、2017年度の沖縄県内企業の設備投資に関する意識調査結果を発表した。17年度内に設備投資を実施する計画が「ある」と答えた企業は52・8%で、過半数を占めた。「予定していない」と答えたのは41・5%、「分からな...

つづきはこちら

セブン出店、正式表明へ 社長あす来県し会見

ryukyushimpo

セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長が9日に来県し、沖縄への出店方針について記者会見を開く。コンビニ国内最大手のセブン-イレブンにとって沖縄は全国で唯一店舗がない「空白地」だが、これまでに古屋社長は2019年2月期(18年3月~19年2...

つづきはこちら

税制窓口へ相談急増 沖縄特区に高い関心 本年度既に72件

okizei

沖縄県が企業の所得控除や投資税額控除など各種の優遇措置を円滑に受けるために、県産業振興公社内に設置した「沖縄特区・地域税制活用ワンストップ相談窓口」への問い合わせが好調に推移している。4月に開設した同窓口への問い合わせ件数は、5月24日時点...

つづきはこちら

トルコギキョウ生産加速 沖縄県、ブランド化へ新事業 品質向上や新種選定

toruko

沖縄県内で生産量の増加が続いている花卉(かき)・トルコギキョウ生産の加速化を目的に、県農林水産部は栽培技術の向上や、市場性が高く沖縄での栽培に適した新品種の選定などを行う新事業を始める。現在4、5月に集中している県産品の出荷を12月に前倒し...

つづきはこちら

御菓子御殿 全国博で10位内2商品 「沖縄イモに自信」

imo

【読谷】4月21日から5月14日に三重県で開かれた第27回全国菓子大博覧会・三重(同実行委員会主催)で、御菓子御殿(読谷村、澤岻英樹社長)の「いもいもタルト」が売上高で2位、「紅いもタルト」が7位に入った。全国各地の約1800商品を販売し、...

つづきはこちら

県内花卉出荷10%減 作付面積は6%減 16年

ryukyushimpo

沖縄総合事務局は5月30日、2016年の県産花卉(かき)類の出荷量と作付面積を発表した。出荷量は10%減の3億770万本となった。作付面積は前年比6%減の9万7300アールだった。  主力となるキクの作付面積は5%減の7万8900アール、出...

つづきはこちら

県内農業産出額、21年ぶり1000億円超へ 16年見通し

okinou

2016年の県内農業産出額が、21年ぶりに1千億円を超える見通しとなったことが3日までに、関係者への取材で分かった。農業産出額の上位2品目を占める肉用牛とサトウキビ生産が好調で産出額が共に200億円を突破し、2品目だけで前年比約90億円増加...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 95