ホーム  >  記事一覧

記事一覧   6,569件

民泊サービスの百戦錬磨、沖縄・浦添市と連携協定を締結

る民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨は2月13日(火)、沖縄県浦添市と民泊推進による地域振興を目指す連携協定を締結いたしました。本締結は、百戦錬磨が提供する民泊サービスと、 浦添市内の外国人住宅ほかの空き家・空...

つづきはこちら

セブン 浦添工場を伝達 現地法人社長が市長面談 南部でも土地調査か

2019年度の沖縄初出店を計画するコンビニ国内最大手のセブン-イレブンが13日、浦添市港川に自社インフラを整備することを正式に浦添市に伝達した。沖縄での展開を担う現地子会社セブン-イレブン・沖縄(那覇市)の久鍋研二社長らが浦添市役所で松本哲...

つづきはこちら

那覇民泊8割無許可 3割は旅館用途地域外 市が調査

那覇市が13日までにまとめた商業民泊施設実態調査の報告書によると、市内の民泊施設は622件あり、そのうち旅館業法の許可を取っていない施設は522件で8割以上を占めた。住居専用地域など旅館業の許可を取得できない場所に所在する施設は196件(3...

つづきはこちら

広島カープ。沖縄市で、4年ぶりにオープン戦が開催決定!

広島東洋カープは1982年から沖縄市を春季キャンプ地としており、今年は、2月16日(金)~27日(火)にかけて一軍選手たちのキャンプが行われます。 当地でのオープン戦の開催は実に4年ぶりで、ファンによる一層の盛り上がりが期待されます。 ...

つづきはこちら

沖縄県内ホテルの人手不足 解決へ効率化、働きやすさを工夫

沖縄県内の雇用情勢は人手不足がいわれて久しい。県内経済はサービス業が占める割合が大きく、人手不足は業績に直結する。好調な観光業も例外ではなく、多くのホテルが常に人を募集している状態だ。観光客を呼び込むためにも差別化を図り、人材を質、量ともに...

つづきはこちら

雇用500人、5年250店舗 コンビニ勢力図はどう変わるか セブンの「沖縄」・・・

2019年度中を予定するセブン-イレブンの沖縄出店計画で、金秀グループのスーパーマーケット事業を担う金秀商事(西原町、中地健社長)がセブンと加盟店のフランチャイズ(FC)契約を結び、100店舗程度を運営する店舗開発の提携が明らかになった。離...

つづきはこちら

うるまに医療機器工場 エフエムディ、沖縄を生産拠点化

医療機器メーカーのエフエムディ(埼玉県、寺師剛社長)がうるま市勝連南風原の国際物流拠点産業集積地域で整備を進めてきた沖縄工場の落成記念式典が9日、同工場で開かれた。新工場で中間加工を行う医療機器「ガイドワイヤ」は世界的な需要が高まっており、...

つづきはこちら

泡盛チョコ、46の味 ファッションキャンディ 阪急百貨店と開発

土産品を手掛けるファッションキャンディ(宜野湾市、知念律子社長)は、県内全46酒造所の泡盛をチョコレートに詰めた「泡盛BONBON(ボンボン)ショコラ」を開発した。一部の酒造所の泡盛を使ったボンボンはあったが、全社の銘柄をそろえることでイン...

つづきはこちら

糸満市真栄里に物流団地検討 交通ターミナル併設

【糸満】糸満市が市真栄里の国道331号沿いに、約41ヘクタールの物流団地と公共交通ターミナルの整備を検討している。県内約500社に立地意向調査のアンケート用紙を発送した。本年度中に策定する「市土地利用(真栄里地区)基本構想」に物流拠点の整備...

つづきはこちら

沖縄に家庭向け新電力、兵庫の洸陽電機が初供給 4月開始、沖電より安価

発電や省エネルギー関連の事業を手掛ける洸陽電機(兵庫県、乾正博社長)は9日、沖縄県内で一般家庭向けの低圧電力を販売すると発表した。2016年4月に電力の小売り全面自由化が始まってから、新規参入した電力会社(新電力)が家庭向けの電力を販売する...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 657