ホーム  >  ビジネス

「ビジネス 」の記事一覧  944件

ぴんくいばぁ発売 ドラゴンフルーツのアイス

aisu

沖縄明治乳業(浦添市)はこのほど、アイスバーの新商品「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」を発売した。沖縄工業高生活情報科との初めてのコラボ企画。鮮やかなピンクとチョコレートパフの「種」でドラゴンフルーツを模した見た目に「ピンクい」...

つづきはこちら

那覇空港強化向け ターミナル新設要望 県経済団体会議

kasouro

沖縄県内12経済団体で構成する県経済団体会議(議長・石嶺伝一郎県商工会議所連合会会長)と富川盛武副知事との意見交換会が14日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた。  石嶺議長は那覇空港第2滑走路の離着陸回数の強化...

つづきはこちら

県内地価DI「上昇感」が拡大 今後半年もプラス見通し

okidi

県不動産鑑定士協会(大城直哉会長)は14日、不動産業者の市況感を示す昨年11月1日から今年5月1日までの業況判断指数(DI)を発表した。地価が「上昇」と答えた割合から「下落」と答えた割合を引いた地価動向DIは住宅地がプラス57・6、商業地が...

つづきはこちら

沖縄食材でAKB歓迎 県内飲食店で企画進む

yuiniti

17日に豊見城市で開かれるAKB48の選抜総選挙を前に、県内の飲食店ではAKBメンバーや、観覧に訪れるファンを歓迎する企画が急ピッチで進んでいる。県が県産品を使った店を認定している「おきなわ食材の店」の一部店舗では、AKBにちなんだスイーツ...

つづきはこちら

港から無料バス運行 那覇市 クルーズ客の足に

konzatu

船着き場→国際通り  那覇市は、那覇新港ふ頭に寄港する大型クルーズ船の乗客を、船着き場から国際通りまで送る無料シャトルバスを5月から運行している。同港に寄港するクルーズ船乗客の移動手段が不足し、外国人観光客が港周辺で足止めを食う混雑の解消を...

つづきはこちら

沖縄、新設法人率全国一 昨年1867社 高い起業意欲

seturitu

東京商工リサーチ沖縄支店は13日、2016年の県内新設法人動向を発表した。同年に新たに設立された法人数は前年比157社(9・1%)増の1867社で、09年の統計開始以降の最多件数を更新した。業種別では、不動産業が全体の14・2%となる265...

つづきはこちら

「美ら海まぐろ」出荷量最高 16年度1670トン 漁業者、鮮度管理を意識

maguro

全国4位のマグロ水揚げ量を誇る沖縄産品のうち、鮮度が高いマグロを仲買人らが認定するブランド「沖縄美ら海まぐろ」の出荷量が伸びている。県のまとめによると、2016年度(16年4月~17年2月)の出荷量は前年比24・7%増の1670トンとなり、...

つづきはこちら

糖質カット麺を開発 ダイエット中…でも食べたい

men

三倉食品(西原町、佐久間健治社長)は従来の沖縄そばよりも糖質を29%カットし、1食で1日分の食物繊維が取れる「沖縄低糖質麺」を開発した。糖質カットのためウコンや島野菜、大豆由来のでんぷんを練り込み、食物繊維が取りにくい高齢者や健康志向の消費...

つづきはこちら

訪日客対応に重点 沖縄銀行 観光業向け商談会

okikankou

沖縄銀行は、観光事業者に特化した課題解決型商談会「おきぎん美ら島商談会」を9日、那覇市の同行本店で開いた。三菱東京UFJ銀行と中小企業基盤整備機構沖縄事務所が共催。県内観光事業31社、12自治体、翻訳やITなど課題解決のサービスを提供する県...

つづきはこちら

父の日に“ちち”で乾杯 沖縄県酪農協、消費拡大でPR

titinohi

18日の「父の日」に合わせ、県酪農青年女性部連絡協議会(神谷翔平会長)は9日、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね「父の日には牛乳(ちち)を贈ろう!」と銘打った県産牛乳の消費拡大キャンペーンをアピールした。出席者が牛乳で乾杯したほか、牛乳で作られたゼ...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 95