ホーム  >  ビジネス

「ビジネス 」の記事一覧  987件

【沖縄発】新ジュエリーブランド『CORALIA』が2017年8月1日ロワジー・・・

jeri3

沖縄県内に琉球村など20か所以上の観光施設・土産販売・農園・加工所を展開するうえちグループの株式会社国際サンゴ加工所(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:上地 敏夫)はこのたび、宝石サンゴを素材とした沖縄発のコーラルジュエリーブランド『CO...

つづきはこちら

県、東京で誘致会 企業、物流ハブで活路を

ryukyushimpo

【東京】沖縄県は21日、沖縄への投資や立地を促す企業誘致セミナーを東京都内で開催した。翁長雄志知事は300人余りの来場者に「沖縄は10年ほど前まで日本の南のはずれだったが、今ではアジアの中心に近づきつつある」と述べ、好調な沖縄経済の現状を説...

つづきはこちら

ザ・ビッグ西原店開店 イオン琉球

big

イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は22日、食品ディスカウントストア「ザ・ビッグエクスプレス西原店」を西原町小橋川に開店した=写真。敷地面積約4千平方メートルで約50台の駐車場がある。  初日は佐方社長や上間明西原町長らが参加して店舗前で...

つづきはこちら

全国セブン-イレブンで「沖縄フェア」 きょうから2週間

sebun

2019年度の沖縄出店を表明したセブン―イレブン・ジャパン(東京、古屋一樹社長)は18日から、全国のセブン―イレブン1万9588店舗で「ハイサイ!沖縄フェア」を開催する。「地産他消」を推進するキャンペーンとして、フェア限定デザイン缶のオリオ...

つづきはこちら

京唐紙でアロハシャツ  「パイカジ」が京都・唐長と 伝統技とのコラボに注目

paikaji

「PAIKAJI(パイカジ)」ブランドのリゾートファッションを手掛けるジュネ(豊見城市、吉田康秀社長)が、京都で400年にわたって「京唐紙」の製作を続ける老舗工房、唐長(からちょう)(京都市)とコラボした唐紙アロハシャツを完成させた。職人の...

つづきはこちら

オクラ乾燥で販路拡大 KSファームと島酒家共同開発 長期保存で県内外出荷

okura

名護市の農業生産法人KSファーム(島袋勝博社長)と、沖縄産食材を使った加工食品を製造する島酒家(石黒新海社長)は、乾燥したオクラをパック詰めした商品「沖縄県産乾燥オクラ」(15グラム、320円、税抜き)を開発し、県外を中心に販売を始めている...

つづきはこちら

新垣瓦工場 タイ法人で生産、販売

tai

水滴を吸い取るコースターなどを生産・販売する新垣瓦工場(与那原町、新垣文男社長)は2016年5月にタイで現地法人「Arakaki」を立ち上げ、海外販売を本格化している。現在バンコク市内の観光地「アジアティーク」で直営2店舗を運営するほか、タ...

つづきはこちら

沖縄県産最上級ブランドの美らマンゴー好調 1キロ4万1000円 前年比3倍

mango

沖縄産マンゴーの中でも糖度15度以上、重さ460グラム以上という高糖度・大玉品を厳選した最上級マンゴーの統一ブランド「美らマンゴー」の2017年産の競り価格が、11日時点で1キロ当たり平均4万1千円と前年の3倍近い高値を付けて好調に滑り出し...

つづきはこちら

貨物取扱が16年度は1.5倍 沖縄県産品輸出 アジア需要拡大

koukuu

県が全日本空輸(ANA)の貨物コンテナを借り上げて県産品の輸出事業者に提供する「航空コンテナスペース確保事業(沖縄国際物流ハブ活用推進事業)」の2016年度実績が、件数、重量とも前年度の1・5倍に拡大したことが12日までに分かった。ANAカ...

つづきはこちら

冷凍県産野菜の出荷拡大へ 生産過程を全自動化 グリーンフィールド

kato

カット野菜など農産物の生産や加工を手掛けるグリーンフィールド(那覇市、大城正雄社長)は、冷凍県産ゴーヤーなどの沖縄県外出荷体制を強化する。今年は年間約120トンの冷凍県産ゴーヤーを製造する予定で、本年度中に生産過程を全自動化し、今後は年間約...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 99