ホーム  >  IT・ネット

「IT・ネット 」の記事一覧  411件

沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

株式会社エンルートラボは、沖縄県総合防災訓練に参加し、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証しました。   201...

つづきはこちら

沖縄県産AIスピーカー誕生 少量多品種で低価格化へ

 システム開発のインタラクティブラボラトリー(東京都)と、関連会社のインタラクティブラボラトリー沖縄(うるま市)は、人工知能(AI)を搭載し、装置に話し掛けることでさまざまな情報にアクセスできる「AIスピーカー」を開発した。世界的IT大手が...

つづきはこちら

IT転職、考えるなら沖縄で 東京の移住セミナーに150人

沖縄に興味を持つIT技術者に沖縄県内就職を促す「沖縄IT移住フェス」(県主催)が16日、東京都渋谷区で開かれた。県内のIT企業34社が参加し、約150人が説明に耳を傾けた。  出展各社がブースで仕事内容などを説明したほか、トークセッションで...

つづきはこちら

ベトナム企業「沖縄にIT大学」検討 業界最大手FPT、人材育成へ

従業員数2万8千人を数えるベトナムのIT最大手・FPTコーポレーションが、沖縄県内にIT人材を育成する4年制大学の設置を検討していることが15日、分かった。FPTは7月に国内初のシステム開発拠点として「FPT沖縄R&D」を那覇市内に開設し、...

つづきはこちら

【オキナワマリオットリゾート&スパ】無料スマートフォンレンタル「handy」・・・

グローバルブランドリゾート・オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市喜瀬1490-1 総支配人:齊川慶一 )は、2017年9月より客室に無料スマートフォンレンタル「handy」を順次導入します。沖縄県内では300室以上の大型宿...

つづきはこちら

タブレット活用で運賃決済 三和交通、外国客要望に対応 売り上げもアップ

沖縄県内タクシー大手の三和交通(南風原町、又吉スミ子社長)は、増加する外国人客への対応の一環として、タブレット端末を利用したクレジットカードによる決済システムを今年5月から導入した。現在までにタクシー259台のうち170台が同システムを使用...

つづきはこちら

便から病気を予測 機器トイレに設置するだけ 琉球インタラクティブ開発

ウェブ制作などを手がける琉球インタラクティブ(宜野湾市、臼井隆秀社長)は、トイレに設置するだけで排せつ物から病気のリスクを予測し、利用者に通知する製品「GAIA」の開発を進めている。便や尿に含まれている成分を分析し、さまざまな病気の疑いを利...

つづきはこちら

freee が沖縄銀行と業務提携 沖縄地域の創業者支援に向けた取り組みを強化

freee は、沖縄銀行との業務提携を2017年8月31日より開始致します。今回の提携を通じて、地域の創業者を中心に「クラウド会計ソフトfreee」など freee が提供するサービスの導入を共同で推進してまいります。なお、freee にと...

つづきはこちら

トランスコスモス株式会社「BPOセンター沖縄」を増設

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、ものづくり支援を行うエンジニアリング事業に特化した「BPOセンター沖縄」を拡張し、移転します。移転先は、現在使...

つづきはこちら

視野を簡易測定するシステム開発 特支校などで活用 沖縄高専

沖縄工業高等専門学校の情報通信システム工学科が、特別支援学校の児童生徒の視野を簡単に測定できる「視野疑似体験システム」を開発した。同学科が独自に製作した機器とアプリケーションを使って、児童生徒が普段の生活で見えている範囲を明示化する。それを...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 42