2020年の沖縄観光客数、6割減400万人割れの見通し 23年ぶり低水準

2020年7月31日

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の下地芳郎会長は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける2020年の入域観光客数の見通しを発表し、1千万人を突破した19年から61・5%(625万4千人)の大幅減となる391万人に落ち込むとの推計を示した。推計通りに年間の観光客数が400万人を割り...

続きを見る
琉球新報