水族館では「沖縄美ら海水族館」が1位。全国の主要レジャー・集客施設入場者数ランキング【2014年版】

2014年8月4日

綜合ユニコム株式会社は、全国の主要なレジャー・集客施設を対象に、最新の運営実績に関する独自調査を実施しました。 調査結果によると、テーマパーク・遊園地・動物園・水族館・ミュージアムの入場有料施設を対象とした年間入場者数ランキング全50施設のうち、66%が前年度の実績を上回る結果となりました。

 

【調査結果の概要】
●テーマパーク・遊園地・動物園・水族館・ミュージアムの入場有料施設を対象とした年間入場者数ランキング全50施設のうち、66%が前年度の実績を上回る。
●「東京ディズニーランド」が開業30周年を迎えたTDL・TDSは初となる3,000万人の大台を突破。USJも開業以来の1,000万人超を集客。ハウステンボスも前年度比29%増の約250万人を集客し、三大テーマパークの好調が際立つ。
●遊園地はランキング上位10施設のうち、70%が前年度の実績を下回る。前年度比減となった施設の多くが5%未満の減少で前年並みを維持。
●動物園では、再整備の進む「札幌市円山動物園」(前年度比128.2%)、「福岡市動物園」(同117.8%)が躍進、両園とも100万人に迫る動員実績となった。

 

 

[業種別集客ランキング 上位5施設 ※入場有料施設]
●テーマパーク
東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 31,298,000人(113.8%)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン     10,500,000人(107.7%)
ハウステンボス               2,477,000人(129.1%)
志摩スペイン村 パルケエスパーニャ      1,418,000人(106.4%)
琉球村                   1,200,000人(100.0%)
●遊園地
ナガシマリゾート              6,200,000人(99.5%)
鈴鹿サーキット               1,962,680人(96.1%)
よみうりランド               1,233,616人(101.3%)
としまえん                 1,043,995人(99.3%)
ひらかたパーク                950,957人(99.5%)
●動物園
東京都恩賜上野動物園            3,490,034人(91.1%)
名古屋市東山動植物園            2,228,650人(107.2%)
旭川市旭山動物園              1,650,057人(101.5%)
東武動物公園                1,272,979人(112.0%)
神戸市立王子動物園             1,103,318人(89.3%)
●水族館
沖縄美ら海水族館              3,034,776人(107.2%)
海遊館                   2,422,000人(111.2%)
名古屋港水族館               2,040,420人(102.5%)
サンシャイン水族館             1,621,000人(119.3%)
すみだ水族館                1,620,000人(82.7%)
●ミュージアム
国立科学博物館               2,365,379人(110.3%)
国立新美術館                2,028,064人(86.2%)
金沢21世紀美術館              1,474,209人(100.2%)
名古屋市科学館               1,436,926人(110.2%)
広島平和記念資料館             1,383,129人(108.0%)
※ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは推計値