5月の沖縄入域客4万4000人 減少率4月超す94・7% 外国人2カ月連続ゼロ

2020年6月24日

沖縄県文化観光スポーツ部は24日、5月の入域観光客数が前年同月比94・7%(79万900人)減の4万4千人だったことを発表した。減少数、減少率ともに過去最大で、5万人を下回ったのは、1976年9月以来となる。内訳は全て国内客で、外国客は先月に引き続きゼロだった。  県によると、国内線の計画運行数に対する減便率は5月が7...

続きを見る
琉球新報