2000円札を使えば寄付金に 首里城再建で沖縄県銀行協 流通500万枚増を目指す

2020年2月7日

沖縄県内に店舗を構える6金融機関でつくる県銀行協会(会長・川上康琉球銀行頭取)は6日、首里城再建の支援金として、「守礼門」を描いた2千円札の県内流通量の増加分に応じた金額を県に寄付すると発表した。2021年12月までの2年間で、2千円札流通額の100億円(500万枚)増を目指す。  2千円札を活用...

続きを見る
琉球新報