8社主催で沖縄発スタートアップを支援(10月1日より募集開始)

2020年9月29日

(株)琉球銀行(取締役頭取 川上康)、(株)沖縄タイムス社(代表取締役社長 武富和彦)などの県内企業8社は、沖縄から革新的で競争力のあるスタートアップを創出・育成するプログラム「OKINAWA Startup Program2020-2021」(以下「本プログラム」)を共同で開催いたします。

 

 

本プログラムは2016年度よりスタートし、本年度で5期目を迎えます。昨年度は主催社に沖縄セルラー電話(株)(代表取締役社長 湯淺英雄)、沖縄電力(株)(代表取締役社長 本永浩之)、日本トランスオーシャン航空(株)(代表取締役社長 青木紀将)の3社の加入に続き、本年度はさらに大同火災海上保険(株)(取締役社長 与儀達樹)、(株)JTB沖縄(代表取締役 社長執行役員 杉本健次)、琉球放送(株)(代表取締役社長 中村一彦)の3社も新たに参加。県内企業8社の体制となりました。

 

斬新なアイディアと成長への情熱を持ったスタートアップと協力し、沖縄における新ビジネスの創出を目指します。主催社が増えたことで、リソースとネットワークの幅も広がりました。それらを掛け合わせ、スタートアップの事業拡大に向けたサポートを一層強化いたします。

 

つきましては、本年10月1日(木)より本プログラムへ参加するスタートアップの募集を開始いたしますので、お知らせいたします。

 

【プログラム概要】
■OKINAWA Startup Program2020-2021とは
沖縄県内外の起業家支援機関と連携し、沖縄というオンリーワンの文化的・歴史的・地理的価値を持つ地域か
ら生まれる多様なビジネスプランを応援するプログラムです。他県にはない独自のスタートアップ創出を目指
しています。
http://okinawa-startup.com/

 

■開催主体
主催:(株)琉球銀行、(株)沖縄タイムス社、沖縄セルラー電話(株)、沖縄電力(株)、日本トランスオーシ
ャン航空(株)、大同火災海上保険(株)、(株)JTB沖縄、琉球放送(株)

 

後援:沖縄県、沖縄市、沖縄ITイノベーション戦略センター、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、琉球大学研究推進機構、沖縄県産業振興公社、沖縄産業振興センター
協力:Startup Lab Lagoon、株式会社FROGS、一般社団法人アントレプレナーシップラボ沖縄

 

■プログラム実施期間
2020年12月1日~2021年2月末

 

■サポート内容
・ビジネスプランのブラッシュアップ支援
・主催企業からの出資の検討
・他社からの出資サポート
・パートナー企業とのビジネスマッチング支援
・資本政策・知財等の勉強会の実施
・Demodayにおける発表機会の提供
※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点から、プログラムはオンラインで実施予定です。

 

■応募条件
・主催企業やパートナー企業と連携し、事業の立ち上げまたは自社サービスの拡大を希望するスタートアップであること
・サービスやプロダクトをすでにローンチ済み、もしくはサービスやプロダクトのデモ版を有していること・法人であるか、または令和2年度中に法人登記を完了すること
・沖縄県内に本社あるいは事業所を有する、または令和2年度中に県内に事業所を設置予定である方に限る
・業種・業態は不問だが、急拡大を見込めるビジネスプランを有していること
・メンタリングおよび育成プログラムに可能な限り参加できること(オンライン参加可)
・デモデイに参加できること
・代表者もしくはチームがビジネスに集中し、成長に最大限コミットする意志があること
・オンラインミーティング等が可能な通信環境・設備を有していること

 

■採択社数
5~10社

 

■参加費用
無料(参加に係る交通費等は参加企業の自己負担となります)

 

■応募方法
ホームページ内の申込フォームからお申込みください。
http://okinawa-startup.com/