首里城の「瓦」身近に 拓南商事の新人らで雑貨を考案

2020年10月25日

【中部】24日に開幕した産業まつりの分散会場となった沖縄市海邦町の拓南製鐵本社・中部事業所では、昨年10月に焼失した首里城で焼け残った赤瓦を活用したアイデア展示をしている。拓南商事(うるま市)の新入社員3人が考案した瓦を削るスクラッチアートや、アロマの香りを瓦に染み込ませたディフューザー(芳香を広げ...

続きを見る
琉球新報