飲食品輸出7年で41倍 那覇空港、15年6.4億円

2016年3月9日

那覇空港からの食料品・飲料関係の輸出額が堅調に推移している。2009年から始まった全日本空輸(ANA)の国際航空貨物拠点(ハブ)事業が大きく寄与している。08年の那覇空港から食料品・飲料関係の輸出額は1547万円だったが、15年は約41倍の6億4119万円だった。  一方、中国経済の減速により中...

続きを見る
琉球新報