県内百貨店・スーパー7月売り上げ2カ月ぶり減

2020年9月13日

沖縄総合事務局は10日、7月の県内百貨店・スーパー販売動向を発表した。全店ベース(55店)の販売額は前年同月比2・7%減の171億3千万円だった。既存店ベースは同3・9%減だった。  飲食料品や家庭用電気機械器具、家具などが増加したものの、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響を受けて...

続きを見る
琉球新報