申告漏れ所得金額は25%増の87億円 1件当たり申告漏れ金額が最も大きいのはキャバクラ

2019年12月3日

沖縄国税事務所は2日、2018事務年度(18年7月~19年6月)の所得税と消費税の調査状況を発表した。所得税の申告内容に疑義があるとして調査などが行われたのは前年度比6・2%増の4550件で、申告漏れ所得金額は同25%増の87億円となった。追徴税額は同63・5%増の15億300万円だった。  県経済の拡大に伴い個人事業主の...

続きを見る
琉球新報