注文受け宮古島で素潜り漁 魚種、数絞り資源保護 糸満市の業者

2019年11月8日

海産物輸出の「萌(きざ)す」(沖縄県糸満市、後藤大輔代表)が、顧客の要望に応じて新鮮な魚介類を捕獲・提供する事業を始めている。顧客から注文を受けると、宮古島の素潜り漁師に依頼して必要量を捕獲してもらい、新鮮な状態で発送する。受注のあった分だけを水揚げすることで水産資源を保護でき、持続可能な漁業...

続きを見る
琉球新報