泡盛、県外へ共同配送 物流コスト2割減狙う

2016年2月26日

県酒造組合(玉那覇美佐子会長)は25日、県外へ出荷する泡盛の共同配送を始めた。倉庫や船を共同利用することで、物流業務の効率を高め3年間で物流コストの約2割削減を狙う。  久米仙酒造と瑞泉酒造がそれぞれ泡盛100ケース、比嘉酒造50ケース、ヘリオス酒造48ケースの計298ケースを5トンコンテナに...

続きを見る
琉球新報