沖縄県5月の有効求人0・78倍、5年4カ月ぶり低水準 求人数は回復の兆し

2020年7月1日

沖縄労働局は30日、5月の有効求人倍率(季調値)は0・78倍(全国平均1・20倍)となったと発表した。2015年1月に0・77倍を記録して以来の5年4カ月ぶりの低水準だった。4月比では0・13ポイント減となった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で採用需要が落ち込み、下落は3カ月連続。引き続き全国最下位だった。 全国...

続きを見る
琉球新報