沖縄県産マンゴーの生産が10%増1959トン 県が予測 堆肥管理が結実

2019年7月16日

沖縄県農林水産部はこのほど、県産マンゴーの2019年の生産量は前年比10%(177トン)増の1959トンになるとの予測を発表した。平年比では13%増となる。  昨年9~10月に襲来した台風24・25号の影響でマンゴーの木の枝が折れるなどの被害を受けたことや、冬場の気温が高かったことで開花や枝の育成が遅れた。しかし開花...

続きを見る
琉球新報