沖縄県内地価4・7%上昇 7年連続プラス 上昇率は3年連続で全国1位

2020年9月29日

沖縄県は29日、公共事業用地の取得価格算定や相続税、固定資産税評価の目安として用いられる今年7月1日時点の県内基準地地価調査結果を発表した。林地を除く全用途の平均変動率は前年比プラス4・7%で、2014年から7年連続の上昇となり、上昇率は3年連続で全国1位だった。用途別でも住宅地は同4・0%、...

続きを見る
琉球新報