沖縄県内の景気は12期連続で「拡大」 観光・建設が好調 人手不足の影響で飲食、福祉はマイナス

2019年7月14日

海邦総研(新崎勝彦社長)は11日、4~6月期の県内景気動向調査の結果を発表した。前期(1~3月期)と比べて景気が「上昇」と答えた企業の割合から、「下降」と答えた企業の割合を引いた全業種BSIはプラス4・7の「上昇」超となった。観光需要が活発なことなどから、12期連続で「県内景気は拡大している」と判断した。 ...

続きを見る
琉球新報