沖縄県内の中小企業71%がコロナで売上高減 県中小企業団体中央会調査

2020年7月3日

県中小企業団体中央会(島袋武会長)は1日、新型コロナウイルスによる中小企業への影響調査結果を発表した。3~5月の売上・受注高が前年同月に比べ減少した事業者は、回答事業所の71%にあたる124社に上った。売上高が50%以上減少した事業者は61社で、全体の35%だった。  調査は中央会会員組合と組合員企業2...

続きを見る
琉球新報