沖縄への観光客 来年度の目標は700万人 コロナ回復へ取り組み強化 OCVB発表

2020年11月26日

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は25日、2021年度の入域観光客数について、700万人まで回復させるという目標値を発表した。ワクチンが開発されて新型コロナウイルス感染症の影響から徐々に回復することを想定し、370万人にとどまると見込んでいる20年度の2倍近くまで伸ばす方針だ。具体的な数...

続きを見る
琉球新報