沖縄でバニラビーンズを 「甘く自然な香り」生成へ連携 琉大と宮平乳業

2021年7月8日

宮平乳業(糸満市)と琉球大(西原町)は6月30日、バニラ・フレーバーの原料となる加工品バニラビーンズを県内生産する取り組みを発表した。価格が高騰しているバニラビーンズを生産するため、県産バニラビーンズの香りを出す工程(キュアリング)の確立や商品開発などを研究している。琉球大の平良東紀教授は「バニラ...

続きを見る
琉球新報