新型肺炎で沖縄観光客50万人減少なら…観光収入、半年で281億円減 就業者1940人減も

2020年2月20日

南西地域産業活性化センター(NIAC、大嶺満会長)は19日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大による、県経済への影響について試算結果を発表した。感染拡大の影響が2月から7月ごろまで継続し、国内外から沖縄を訪れる観光客が仮に50万人減少した場合、観光収入は281億円減少すると試算...

続きを見る
琉球新報