彼岸ギク出荷ピーク 「太陽の花」が臨時便

2017年3月7日

3月の彼岸期に向けた県産キクの出荷が最盛期を迎えている。「太陽の花」ブランドの県花卉(かき)園芸農業協同組合(宮城重志組合長)は6日、定期航空便と船舶便に加え、航空臨時便をチャーターして輸送を開始した。飛行機に満載された約4千ケースのキクが、東京を経由して全国約70市場に出荷された。  花卉農...

続きを見る
琉球新報