宿泊キャンセル、大型クルーズ船寄港中止、防疫体制…観光立県を直撃する新型肺炎

2020年1月28日

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国政府は人の往来を止めてでも封じ込めを図ろうとするが、観光を中心に経済への波及が大きくなっている。沖縄でも大型クルーズ船寄港中止やホテルで宿泊キャンセルが出るなど影響が広がる。日韓関係の悪化で韓国客が激減する中で、中国からの観光客の減少も懸念され...

続きを見る
琉球新報