外国人材、初受け入れ 沖縄県内介護現場、フィリピンから5人

2018年9月29日

沖縄県外国人介護事業協同組合(與那嶺康理事長)は27日、介護現場での就労を目指すフィリピンからの留学生5人を受け入れた。那覇空港の待合室で、受け入れ側の担当者と留学生が対面した。5人は今後、日本語学校で学んだ後に介護福祉の専門学校に進学し、卒業後は県内の介護事業所で就労する。昨年9月に介護の在...

続きを見る
琉球新報