南西石油売却 国と沖縄県、再就職支援へ 来週にも対策本部設置

2016年10月20日

ブラジル国営石油会社のペトロブラスが経営から撤退する南西石油(西原町)のエジソン・マサキ・イシクラ社長らが19日、沖縄労働局の松嶋歩職業安定部長や県の屋比久盛敏商工労働部長を訪ね、四国を拠点とする太陽石油(東京)への株式売却が決まったことを正式に説明した。イシクラ社長は事業譲渡までに70~10...

続きを見る
琉球新報