南西石油売却 国が雇用対策本部 従業員に具体的支援へ

2016年10月21日

沖縄労働局(待鳥浩二局長)は20日、ブラジル国営石油会社のペトロブラスが太陽石油(東京)へ南西石油(西原町)の売却を決定したことを受け、待鳥局長を本部長とする緊急雇用対策推進本部を局内に設置した。再就職の相談や紹介など具体的な支援に取り掛かる。南西石油は同日、西原町の本社で全従業員を対象とした...

続きを見る
琉球新報