シークヮーサー由来成分の「認知機能改善効果」→「効果可能性」に修正 研究者ら発表

2021年2月19日

シークヮーサー由来の成分ノビレチンと認知機能の関連性を研究している、沖縄リサーチセンター(うるま市)と静岡県立大学は18日、昨年6月に発表した研究結果の内容の一部が「内容の一部に齟齬(そご)があることが判明した」として、修正を発表した。昨年6月は、認知機能の「改善効果を確認した」としていたが、「改...

続きを見る
琉球新報