シークヮーサー、原因不明の立ち枯れ 沖縄・北部で拡大

2020年8月14日

【北部】シークヮーサーの産地として知られる本島北部地区で、原因不明の立ち枯れの被害が広がっている。幹が何らかの原因で腐り、葉が黄みがかって約1年で枯れる。JAによると、北部では名護市の他、大宜味村や本部町、国頭村でも立ち枯れの報告があることから、今後、県と共に実態の把握や対応を検討する構えだ。 ...

続きを見る
琉球新報