コンクリ混和材 新製造機 小型化、加熱を短縮 リュウクス

2017年1月17日

火力発電所から排出される石炭灰(フライアッシュ)を原料に、コンクリートの劣化を抑えるコンクリート混和材「加熱改質フライアッシュ(CfFA)」を製造するリュウクス(うるま市、謝花一成社長)はこのほど、混和材製造機の新型装置を開発した。従来の製品より3分の1程度に小型化し、原料の加熱方法を変えるこ...

続きを見る
琉球新報