エアコン省エネ装置開発  沖通商と琉球大学 20%電力削減

2018年12月26日

省エネ製品の販売や施工を手掛ける沖通商(沖縄県那覇市、奥濱哲夫社長)が、エアコンの室外機に取り付けて効率を上げ、消費電力を削減する「琉球エコシステム(RES)」を琉球大と共同で開発した。試験により最大で28%、平均約20%の電力を削減できたという。2019年2月から県内で販売する。沖通商によるとエアコンの...

続きを見る
琉球新報