イセエビが3割安 訪日客急減で海産物の競り価格が下落 新型コロナ影響で

2020年3月21日

新型コロナウイルス感染症の影響でインバウンド(訪日外国人旅行者)を中心に観光客が急激に減少し、沖縄県内でエビ類など海産物の消費が鈍り競り価格が低下している。泊魚市場の2月の競り価格は、イセエビやセミエビなどのエビ類が1㌔当たりの単価で前年同月比31%減の4344・1円となった。ワタリガニを中心と...

続きを見る
琉球新報