【ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート】総支配人にダレン・モリッシュが就任

2020年4月10日

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄県恩納村、客室数400室)は、2020年4月6日付で、ダレン・モリッシュが総支配人に就任したことをお知らせします。

 

 

モリッシュは母国のオーストラリアを始め、アジア太平洋地域のホスピタリティ業界で、25年以上に渡り経験を積んで参りました。1995年にオーストラリアのアデレードビルズにあるブティックホテルの総支配人を務めた後、2012年からは韓国最大の複合施設に隣接する2つの大型ホテル、グランドインターコンチネンタル ソウル パルナス及びインターコンチネンタルソウルCOEXの総支配人、2018年よりアコーホテルズグループ東日本エリア統括支配人としてプルマン東京田町のオープニングの指揮を執るなど優れたリーダーシップを発揮して参りました。

 

この度の就任にあたり、モリッシュは次のように述べています。「インターコンチネンタルグループ、そして万座ビーチリゾートの一員になれたことを、とても嬉しく思います。私たちは今、困難な状況に直面していますが、必ず近い将来、回復すると確信しております。私たちのこの素晴らしいリゾートに再び多くのお客様をお迎え出来るよう、しっかりと準備を進め、これからもお客様にこの土地ならではの心に残る体験をご提供できるよう精進して参ります。」

 

豊富な経験と知識を持つモリッシュを総支配人に迎え、今年で開業37周年を迎えるANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、大自然の魅力あふれる「沖縄・万座ビーチ」にお越しになる全てのお客様に、今後も優雅で心地よいご滞在をご提供できるよう努めて参ります。