「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」2021年10月1日(金)にリブランドオープン

2021年6月25日

株式会社ホテルマネージメントジャパン(本社 東京都渋谷区恵比寿 代表取締役 荒木 潤一)は、2005年の開業以降、沖縄地区における海外ホテルブランドの先駆けとして国内外の多くのお客様にご利用いただいている「オキナワ マリオット リゾート & スパ」(所在地 沖縄県名護市喜瀬 総支配人 荒木 昌志)を「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」として2021年10月1日(金)にリブランドオープンし、それに先駆け、2021年6月22日(火)より宿泊予約の受付を開始いたします。今回のリブランドにより、「オリエンタルホテルズ&リゾーツ」として沖縄初のオリエンタルホテルとなります。

 

 

2022年初頭には客室やロビー、プールエリアの改装を予定しており、ホテルコンセプトである「島とあそぶ、森とつながる」を体感する新しい空間へと生まれ変わります。
やんばるの森を訪れたような開放的なアトリウムを持つロビーや、装いを新たにした丘の上の森にたたずむ沖縄県最大級のプールが誕生いたします。

 

「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」は今回のリブランドを通して、より地域と密接に連携しながら多様なアクティビティをご用意し、「オリエンタルホテルズ&リゾーツ」が目指す“独自性のある滞在体験”を提供する事で、ホテルそのものがお客様にとって「デスティネーション」となるような魅力あるサービスを提供してまいります。

 

ホテルコンセプト「島とあそぶ 森とつながる~Love Okinawa Discover Yambaru~」
無数の沢がいくつもの滝を経て海に流れ込み、深緑の森と紺碧の海が織りなす奇跡の森やんばる。人々は自然とともに暮らし、森と深く結びつく独自の文化を大切に育んできました。
「オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ」は、お客様とやんばるの恵みを共有し、やんばるとお客様を繋げたいという想いから、「島とあそぶ 森とつながる~Love Okinawa Discover Yambaru~」をコンセプトにしました。

 

総支配人 荒木 昌志コメント
沖縄本島北部「やんばる」の入り口となる名護市に位置する当ホテルは、沖縄自動車道の終点、許田インターチェンジから車で5分の所に位置しており、那覇市などの中南部へもアクセスのよい立地です。
また、県内最大級の広さを誇るプールと、全室オーシャンビューの44㎡以上の広い客室で、リゾートステイをご満喫いただけます。レストラン・バー施設、大中小の宴会場、チャペルなどを備え、充実したご滞在をお約束いたします。