野菜高騰 天候不順で1.5〜2倍 小売店「少量化」し抑制

2014年9月5日

<<<県外の記録的大雨や日照不足で収穫が減少し、通常より値段が約2倍前後高騰している野菜=4日、那覇市のマックスバリュ >>>  県内の野菜価格が通常の1.5〜2倍に高騰している。記録的豪雨や日照不足で、キャベツやレタスの主産地長野県や群馬県からの入荷減少が続いているからだ。さらに台風8号の影響を受けて、ゴーヤーや小松菜など県産葉野菜も品薄となり高騰に拍車を掛けている。県内のスーパーは、少量化やばら売りなどで、小売価格の高騰を抑えようと躍起になっている。続きを読む >>>

続きを見る
琉球新報