県産農水産物の給食利用、宜野湾が増 仲介役導入で成果

2015年6月9日

<<< 宜野湾市の学校給食で取り組む地産地消>>> 県流通・加工推進課は8日までに、県内学校給食の県産農林水産物利用状況をまとめた。2013年度の利用率(重量ベース)は33・7%で、調査開始時の07年度(31・5%)から横ばい状況が続く。続きを読む >>>

続きを見る
琉球新報