久米島沖に国内最大のチムニー群 海洋資源可能性も

2014年9月20日

<<<自律型潜水調査機器(AUV)「ごんどう」による久米島沖チムニー群の海底地形のCG画像(海上保安庁提供)>>> 海上保安庁は19日、久米島沖の水深1400メートルの海底で国内最大のチムニー群を発見したと発表した。1500メートル×300メートルの広大な範囲(0・45平方キロメートル)に分布している。海洋調査課の政岡久志課長補佐によると、チムニー(煙突)とは200〜300度の熱水を噴出する尖塔(せんとう)状の地形で、噴出口周辺に銅や鉛などの金属資源が含まれることが多い。海洋資源開発に役立つ可能性もあるという。 続きを読む >>>

続きを見る
琉球新報