オリオンビール創立60年 地場製造を代表 世界市場目指す

2017年5月17日

地元のビールとして親しまれてきたオリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)が、18日で創立60年の節目を迎える。沖縄戦の終結から12年、戦争で破壊された産業基盤の復興は十分でなく、日本本土と切り離された米施政権下で輸入依存の経済が強まる中で、一県一工場のビールメーカーは産声を上げた。地場製造業を...

続きを見る
琉球新報