【PR】琉球ガラス 奥原硝子製造所 技術継承、工芸に昇華

2021年12月7日

オレンジ色の炎が揺らめく溶解窯のるつぼから引き出された吹き竿。その先端に巻き取られたガラスの元玉に職人が息を吹き込むと、まるでシャボン玉のように球体が形作られていく。球体のガラスを整形窯であぶりながら、へらなどの道具を駆使して形を整える職人たちの額に汗が光る。成形途中、高温のガラスを水に漬けて...

続きを見る
琉球新報