3Dデータで製造業支援 デジタルエンジニアリング普及へ 生産性向上につなぐ

2019年10月31日

県工業技術センターが、コンピューターを活用して製造業の生産性向上などにつなげる「デジタルエンジニアリング」の普及に力を入れている。コンピューター上で3次元の形状を設計する「3DCAD」や、物質の強度を解析できる「CAE」、立体形状をデータ化できる「3Dスキャナー」などを企業に実際に利用してもらい、導入を後...

続きを見る
琉球新報