途上国向け医療機器開発 レキオ・パワー・テクノロジー

2016年3月25日

レキオ・パワー・テクノロジー(那覇市、河村哲社長)はこのほど、低価格帯の超音波画像診断装置(エコー)「US―304」を開発し、ケニア向けに50台を初出荷した。胎児や腹部の臓器の様子を視認できる必要最低限の性能に絞り込み、同種製品に比べて10分の1程度の1500ドルという価格と消費電力1・8ワット...

続きを見る
琉球新報