株式会社マッシグラ沖縄タイムスが新型コロナウイルス対策による緊急テレワーク支援。

2020年4月15日

沖縄県のコワーキングスペースが、コロナ対策における法人企業のテレワーク支援として法人プランの受付を開始。またテレワークの導入を検討している企業に対して無料相談会も実施中。4月中の申込で無料で使える10時間分をプレゼント。

 

 

株式会社マッシグラ沖縄タイムス(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:金子 智一)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、沖縄県内で展開しているシェアオフィス・コワーキングスペースhowliveをサテライトオフィスとして利用促進する「法人プラン」を開設しテレワークを支援してまいります。

howliveは沖縄県内2拠点(那覇市久茂地タイムスビル内・北中城村イオンモールライカム内)でシェアオフィス・コワーキングスペースを展開しております。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、「勤務地分散によるリスクヘッジ」や「感染者発生時のオフィス封鎖に対する予防策」としてシェアオフィス・レンタルオフィス利用への関心が高まっています。

 

そこで、howliveでご提供できるコロナウイルス対策の利用方法が以下となります。
・分散型オフィス(サテライトオフィス・シェアオフィス)によるリスクヘッジ
・公共交通機関を利用せず、自宅付近のオフィスを利用
・沖縄県内で複数拠点を同時に利用できる
・換気循環の良いオープンスペースにソーシャルディスタンスを保ちながら仕事が可能
・複合機、ドアノブ、デスクなど共用設備を常駐のスタッフが定期消毒

 

上記をふまえ、オフィスの分散化やテレワークの導入・推奨する企業、在宅勤務以外のリモートワークを検討している企業に対するソリューションとしてhowliveをサテライトオフィスとして利用できる「法人プラン」を積極的に推進してまいります。

 

■法人プラン概要
期間限定初期費用不要。テレワーク支援のため、4月中申込の方限定【無料10時間分プレゼント】
・キャンペーン適応期間:即日~2020年4月末まで
・利用料金:300円/30分毎に
・お支払い方法:毎月末締めの請求書払い
・利用可能時間:①タイムスビル店 平日9時~18時/②ライカム店 月~日9時~20時
・サービス:フリードリンク/Wi-Fi/TV電話ブース/会議室*/ロッカー*/複合機*/
ゲスト打ち合わせ可*(*別途料金)
・詳細URL:https://howlive.jp/archives/2068
・問合せ先:098-894-8124(タイムス店 高良まで/受付時間:平日9時-18時)

 

■howliveの利便性
howliveは「働くことは、生きること」をコンセプトとし、多様な働き方にチャレンジする方々に対応したワークスペースを提供してまいりました。howliveのシェアオフィスは沖縄県のビジネスの中心地である那覇市久茂地と県内最大級のイオンモールであるイオンモール沖縄ライカム内を拠点とし、主要ビジネスエリアから住宅エリアまで拠点を設け、仕事内容や外回りのエリアに併せてエリアをお選びいただけます。
ネット環境、WEB会議・テレビ会議などのリモートワークに欠かせない設備も完備、常駐スタッフによる受付・事務サービスもあり、非常時における「サテライトオフィス」開設も手間やコストをかけず安心して始められます。また、タイムスビル店は、地元新聞社・沖縄タイムスのビル内なので24時間365日ガードマンが警備し、防災対策も鉄壁。信頼性抜群のメディアビルです。万全のセキュリティ皆さまのビジネスを守ります。