感染状況をネットで可視化 沖縄コロナマップを公開 オキコム

2020年4月26日

ソフトウエアなどを開発するオキコム(宜野湾市、小渡?社長)は、沖縄県内の新型コロナウイルスの感染状況を地図やグラフで可視化した「沖縄コロナ感染状況マップ」をインターネットで公開している。  沖縄県が発表する感染情報を基に、どの地域で患者が発生しているかという分布や、患者の属性などの情報を地図に落...

続きを見る
琉球新報