インフルエンザ、胃腸炎など、都道府県別に「感染症流行状況」を配信

2014年11月27日

株式会社IIJイノベーションインスティテュート(東京都千代田区、代表取締役社長 浅羽登志也、以下 IIJ-II)と株式会社ジェイ・キャスト(東京都千代田区、取締役社長 大森千明、以下ジェイ・キャスト)は、ビッグデータ解析技術をデータジャーナリズム(※)に応用する共同実験の第二弾として、都道府県別で感染症の流行情報を配信するサービスを開発し、本日より、地域情報サイト「Jタウンネット」(http://j-town.net/)に掲載を開始した。

_prw_PI2fl_9Sn98B0u

冬季は空気の乾燥から、さまざまな感染症が流行しやすい時期です。本サービスは、国立感染症研究所が公開する「感染症発生動向調査週報」のデータを活用し、現在どの感染症が流行しているのかをわかりやすく集計、公開する。感染症の流行は地域ごとに差があることもあり、都道府県別に報告数や前週との差異を表示することで、各地域の生活者に役立つ情報として提供することが目的。
 
本サービスで、IIJ-IIは国立感染症研究所が公開するデータを収集し、集計・変換等のデータの加工・整理を担当し、ジェイ・キャストはIIJ-IIから配信される整理済みデータを基に「感染症 流行情報」として「Jタウンネット」内でいつでも目にとまるよう配慮して掲示し、IIJ-II からジェイ・キャストに配信されるデータの詳細は、IIJ-IIの「感染症データランキング」(http://www.gryfon.iij-ii.co.jp/infection_ranking/index.php)にて確認することが可能。今回の試みは IIJ-IIの研究開発プロジェクト「Project Gryfon(プロジェクト・グリフォン)」の共同研究の一環。

006

今後は、ジェイ・キャストが運営する他の媒体「J-CASTニュース」「東京バーゲンマニア」なども活用し、継続してビッグデータのデータジャーナリズムへの活用実験を行っていく。両社は、IIJ-IIの技術力とジェイ・キャストのメディア力を使い、社会に貢献し、ビジネスに展開できる企画を進める。
 
なお、共同実験の第一弾「Wikipedia都道府県カテゴリランキング」は、「Jタウンネット」に掲載中。

 

地域情報サイト「Jタウンネット」沖縄
http://j-town.net/okinawa/
 
株式会社ジェイ・キャスト
http://www.j-cast.co.jp