ホーム  >  ビジネス

「ビジネス 」の記事一覧  2384件

世界の航空会社呼び込め 沖縄でアジア最大商談会

アジア最大の航空会社商談会「ルーツアジア(ROUTES ASIA)2017」(主催・英国UBM、UBMジャパン)が19日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕した。21日まで。日本での開催は初めて。沖縄観光の魅力や2020年に完成する...

つづきはこちら

飲食20店、沖縄展開へ 年内1号、600人雇用も ルフトHD(東京)

県内でレンタカー業や医療・介護のアウトソーシング業をグループで営んでいるルフトホールディングス(東京、南原竜樹社長)が、グループの飲食部門で展開しているミシュラン二つ星のフレンチレストラン「ドミニク・ブシェ」をはじめとする4ブランドを、20...

つづきはこちら

沖縄テーマの雑貨開発 ゆいまーる沖縄と県立芸大

沖縄の伝統工芸品の普及と販売を手掛けるゆいまーる沖縄(南風原町、鈴木修司社長)は17日、県立芸大と共同で、沖縄をテーマに大学生がデザインした柄のポチ袋やはがきなどの新商品を開発し、ブランド名「シマノネ」で発売した。「おばあちゃんが持たせてく...

つづきはこちら

琉大とJTA 人材協定 旅行商品も手掛ける

琉球大学観光産業科学部(下地芳郎学部長)と日本トランスオーシャン航空(JTA、丸川潔社長)は17日、グローバル人材の育成などを目的にした包括連携に関する協定書を締結した。JTA側から講師の派遣や施設見学会を実施するほか、人材育成を通じて旅行...

つづきはこちら

サトウキビ粗糖で医薬品 沖縄県産の活用検討

通常は球形の赤血球が鎌状になり酸素運搬機能が低下する病気「鎌状赤血球症」用の医薬品開発に、サトウキビ粗糖を発酵して抽出する「L―グルタミン」というアミノ酸の一種が有効であることが分かり、注目を集めている。世界に2500万人以上の患者がいると...

つづきはこちら

ウコンで認知症予防期待 レキオファーマ、新サプリ開発

医薬品開発などを手掛けるレキオファーマ(那覇市、奥キヌ子社長)は、認知症の前段となる軽度認知障がいの人を対象にウコンを使った健康補助食品「メモリン」を開発し、4月1日から販売する。ウコンに含まれるクルクミンには認知症の予防や治療効果が確認さ...

つづきはこちら

沖工、さんぴん茶でケーキ 「琉球の華」オキコとコラボ

沖縄工業高校(小禄健夫校長)とオキコは、比嘉製茶のさんぴん茶葉を使ったレモン型ケーキ「さんぴん茶葉香る 琉球の華」を開発した。税込み108円で、15日に県内の各コンビニやスーパーなどの量販店で発売する。シークヮーサーの果汁とミルクで煮出した...

つづきはこちら

台湾化粧品会社が沖縄進出 ポイントピュールと合弁で海外展開

台湾の化粧品メーカー太和生技グループの郭靖凱社長と、海洋深層水を原料にした基礎化粧品を製造するポイントピュール(久米島町)の大道敦社長が14日午前、県庁で記者会見し、共同出資で沖縄に新会社を設立し、アジアや欧米向けに化粧品を輸出展開していく...

つづきはこちら

石垣島・請福酒造モデルの木樽ジョッキを 沖縄・八重山海開きの3月18日に発売

株式会社愛鷹製作所[アシタカセイサクジョ]は、請福酒造有限会社[セイフクシュゾウ]コラボした『直火請福 木樽ジョッキ(ジカビセイフク キダルジョッキ)』を2017年3月18日(土)より発売します。     ...

つづきはこちら

キク出荷がピーク JAおきなわが臨時便

彼岸向けに県産キク類の出荷がピークを迎える中「おきなわの花」ブランドのJAおきなわは11日夜、日本航空のチャーター臨時便による約1800ケースの出荷作業を那覇空港で公開した。12日未明に輸送する。需要のピークを迎える13日は定期航空便や船便...

つづきはこちら

1 171 172 173 174 175 176 177 178 179 239