ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4370件

沖縄で戦後初の民間石油供給会社 りゅうせきが創業70周年

りゅうせき(浦添市)は6日で創業70周年を迎えた。米統治時代の1950年9月6日、戦後初の民間石油供給会社として琉球石油が発足。以来、資源に乏しい日本のさらに離島県の沖縄で、産業やライフラインを支える石油製品の安定供給に貢献してきた。その歩...

つづきはこちら

7月の正社員求人0.21ポイント減 沖縄県内で下げ幅が過去最大

沖縄労働局(福味恵局長)は2日、7月の正社員有効求人倍率(原数値)は前年同月比0.21ポイント減の0.39倍だったと発表した。2004年11月の統計開始以来、過去最大の下げ幅を更新した。7月の県内の有効求人倍率(季調値)は0.67倍だった。...

つづきはこちら

三菱地所が那覇市西に新ホテル着工 143室、22年春開業

三菱地所(東京都)は1日、沖縄県那覇市西に開業するホテルの建設工事を開始したと発表した。地上13階建てで客室数は143室。2021年12月の完成、22年春の開業を予定している。  完成後は国内15ホテルを運営するネストホテルジャパン(東京都...

つづきはこちら

オンラインでプロと一緒に部屋作り GIFT、コロナ逆手に新サービス 1部屋3...

インテリアコーディネートを手掛ける「GIFT」(那覇市、森田めぐ美代表)は、無料通信アプリLINEを使ったオンライン専門のインテリアコーディネートサービス「in My Room」を1日から開始した。新型コロナウイルスの感染拡大で、対面での対...

つづきはこちら

地域の魅力をディアマンテスの歌で発信 特設サイト フラッシュエッヂ・琉球新報...

新型コロナウイルスの影響で県内の観光業が大きな影響を受ける中、県内市町村の魅力を発信する地域応援企画「スマイルリレーおきなわ」が1日にスタートした。企画に賛同したディアマンテスのアルベルト城間さんが制作した「歓喜(換気)のうた」を使用し、参...

つづきはこちら

JTA、ヘッドレストに新紅型デザイン 屋富祖絵里さん作品

日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は28日、琉球紅型柄ヘッドレストカバー第3弾のデザインを那覇空港でお披露目した。やふそ紅型工房(那覇市)の屋冨祖絵里さんがデザインを手掛けた。  沖縄の太陽の下、色鮮やかに咲き誇るブーゲンビ...

つづきはこちら

「おたべ」で有名な美十、国際通りに新店舗 沖縄工場完成 バナナパンなど製造

京都の銘菓「おたべ」などの製造販売で知られる「美十」(京都市、酒井宏彰社長)は27日、うるま市勝連南風原の国際物流拠点産業集積地域内で建設していた沖縄工場の完成式典を開いた。30日に那覇市のドン・キホーテ国際通り店1階にオープンする美十の新...

つづきはこちら

墓参り、代行します 第一交通が「サポートタクシー」 高齢者に同行のサービスも

第一交通産業グループは、新型コロナウイルス感染症の拡大などでお墓に行けない人に代わって墓参りを代行する「お墓参りサポートタクシー」を7月から全国34都道府県で開始している。  代行サービスは、乗務員が墓前で合掌し、簡単な掃除や線香のお供えな...

つづきはこちら

シークヮーサー立ち枯れ、原因究明を 加工業者、沖縄県と県議会に要請

沖縄本島北部でシークヮーサーの原因不明の立ち枯れ被害が広がっているとして、生産農家や加工事業者などでつくる「県シークヮーサー加工事業協同組合」(與那覇修理事長)は26日、県と県議会に対して原因究明と研究予算の確保などを要請した。  立ち枯れ...

つづきはこちら

台風8号の農林漁業被害2514万円 9割がサトウキビ

沖縄県農林水産部は26日、22~24日に八重山地方や沖縄本島地方に被害をもたらした台風8号による農林水産業被害額(速報値)を発表した。被害総額は2514万1千円だった。久米島町のサトウキビが2314万1千円の被害を受け、全体の9割を占めた。...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 437