ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4370件

ウィズコロナの観光を考えるシンポ 夜のコンテンツ充実など議論

「沖縄観光はどうコロナと向き合うか~withコロナに向けた新しい沖縄観光の在り方を考える~」シンポジウム(主催・県文化観光スポーツ部など)が8日、タイムスビルで開かれた。新型コロナウイルス感染拡大防止と観光振興の両立について話し合った。  ...

つづきはこちら

サンゴ再生へ協議会設立 八重山漁協の種苗生産部会を支援

日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)と水産土木建設技術センターは9日、サンゴ再生を支援する「有性生殖・サンゴ再生支援協議会」の設立を発表した。サンゴの再生に取り組む八重山漁業協同組合のサンゴ種苗生産部会を、資金や技術指導で支援...

つづきはこちら

1玉5400円「かりゆしすいか」人気沸騰! SNSでファン獲得 12月収穫...

スイカの名産地として知られる今帰仁村で、スイカ農家の上間泉穂(みずほ)さんが、SNSを通じたネット販売や情報発信に奮闘している。夫婦でブランド化した1玉5400円の高級スイカ「かりゆしすいか」を、SNSを中心に全国に向けて販売。種まきもまだ...

つづきはこちら

与那国、2000円で2万円商品券を販売 18歳以上の全町民が対象 買い物で使...

沖縄県与那国町は新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ消費の回復のために「島内観光キャンペーン」として、18歳以上の全島民約1300人を対象に2万円の商品券を2000円で販売する事業を計画している。町議会9月定例会に提案した一般会計補正...

つづきはこちら

台風10号の被災者向け 復興支援へ融資 沖縄県内の金融機関

台風10号の被害を受け、県内地銀3行と沖縄振興開発金融公庫は7日、災害の被害を受けた法人や個人、個人事業主の相談窓口を設置した。琉球銀行は被災した事務所や農業用ハウス、住宅などの修繕や自家用車の修理などの融資について所定金利より優遇する。 ...

つづきはこちら

沖縄限定キユーピー人形当たる 那覇営業所50周年キャンペーン 11月30日まで

今年で開設50年を迎えたキユーピー那覇営業所は「開設50周年キャンペーン」として、シーサーをモチーフにした身長21センチの沖縄限定キユーピー人形を計200人にプレゼントする。マヨネーズやドレッシングなどの対象商品のバーコードをはがきに貼って...

つづきはこちら

地域通訳案内士のスキルアップ研修 オンラインで無料 参加者募集、14日まで

県は14日まで、観光現場の通訳ガイドとして活躍する「県地域通訳案内士」のスキルアップ研修の受講生を募集している=写真。県地域通訳案内士か全国通訳案内士の資格を持っている人が参加対象となる。工芸や芸能などの文化やレジャーなどの知識を深め、ガイ...

つづきはこちら

「ミンサー織」「大綱引き」スマホかざせば沖縄の映像 JTAが機内サービス

日本トランスオーシャン航空(JTA、青木紀将社長)は、昨年10月に開始したAR(拡張現実)を使って沖縄文化を紹介する機内サービスに、新たに「イカスミ」や「ミンサー織」「大綱引き」など五つの映像を追加した。  機内Wi―Fiに接続したスマート...

つづきはこちら

パーティション売り上げ増 タム(糸満市) 看板の技術生かす コロナ危機、チャ...

新型コロナウイルス感染防止のためにあらゆる場所に設置されるようになったのが飛沫(ひまつ)飛散防止のパーティションやビニールシートだ。県内での感染拡大が始まった4月上旬からパーティションを製作し、売り上げを伸ばしているのが広告看板デザインなど...

つづきはこちら

アルコール46度以上でも「泡盛」表記 与那国の花酒など、財務省が認可

【東京】財務省が今年4月、アルコール度数46度以上の酒類に求められる「原料用アルコール」表示の例外を泡盛に認め、与那国町の花酒をはじめとした高度数の泡盛製品のラベルに「泡盛」と表示できるようになった。原料用アルコールの品目表示に関し、例外が...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 437