ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4531件

沖縄県5月の有効求人0・78倍、5年4カ月ぶり低水準 求人数は回復の兆し

沖縄労働局は30日、5月の有効求人倍率(季調値)は0・78倍(全国平均1・20倍)となったと発表した。2015年1月に0・77倍を記録して以来の5年4カ月ぶりの低水準だった。4月比では0・13ポイント減となった。新型コロナウイルス感染症拡大...

つづきはこちら

「星のや沖縄」本島初開業 「ぜいたくリゾート、非日常体験して」海に面した100室

星野リゾート(長野県)が沖縄本島で初めて運営するリゾートホテル「星のや沖縄」が、1日に読谷村儀間で開業する。客室数は100室。当初は5月20日の開業予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。澤田裕一総支配人は「沖縄ならではの...

つづきはこちら

持ち手ない袋は無料、オードブルの袋は有料 レジ袋対応で各社違いも

7月1日から始まるプラスチック製レジ袋の有料義務化に向け、県内のコンビニエンスストアやスーパーの衣料品フロア、ドラッグストアなどでも対応が進んでいる。有料義務化の対象となるのは、商品を持ち運ぶための持ち手のついたプラスチック製買い物袋で、紙...

つづきはこちら

電気料金の支払い延長措置を拡大 沖縄電力、新型コロナ影響の失業者ら対象に

沖縄電力(本永浩之社長)は24日、新型コロナウイルス感染症の対策として、電気料金の支払いが困難な人に支払期日を延長する特別措置の拡大を発表した。  2020年3、4月分の支払期日をそれぞれ4カ月間延長し、5月分は3カ月、6月分は2カ月延長す...

つづきはこちら

シークヮーサーで2種の新飲料 沖縄物産企業連合が発売

沖縄物産企業連合(那覇市、羽地朝昭社長)は、県産シークヮーサー果汁を使用した「はちみつヒラミれもん」「4倍希釈タイプ塩シークヮーサーエード」を発売した。あっぷるタウン、サンエー浦添西海岸パルコシティ内の「沖縄宝島」で購入できる。  はちみつ...

つづきはこちら

オリオンモトブ「サービス最優秀ホテル」初受賞 JTB選出

旅行業大手のJTBは2019年度の大規模ホテル部門のサービス最優秀ホテルに、本部町のホテルオリオンモトブリゾート&スパを選出した。同ホテルは16年度に優秀賞を受賞しているが、最優秀賞は初めて。  同ホテルアドミニストレーショングループの三好...

つづきはこちら

コロナで人員過剰の社員を人手不足の企業に 沖縄県内人材4社が来月開始

沖縄県内の人材派遣会社4社でつくる「人材サービス連絡協議会」は、新型コロナウイルス感染症の影響で人員過剰になっている観光、飲食関連の企業の社員を、雇用を継続しながら人手不足の企業に派遣する方式を7月から開始する。  観光や飲食関連企業など、...

つづきはこちら

5月の沖縄入域客4万4000人 減少率4月超す94・7% 外国人2カ月連続ゼロ

沖縄県文化観光スポーツ部は24日、5月の入域観光客数が前年同月比94・7%(79万900人)減の4万4千人だったことを発表した。減少数、減少率ともに過去最大で、5万人を下回ったのは、1976年9月以来となる。内訳は全て国内客で、外国客は先月...

つづきはこちら

オリオンのサザンスターに新商品「刺激の黒」販売

オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳社長)は、サザンスターの新商品「刺激の黒」を30日に発売する。また既存の2商品を「超スッキリの青」「熟コクの赤」としてリニューアルする。県内と奄美群島の量販店、県外のわしたショップなどで購入できる。「刺激の...

つづきはこちら

県産品の消費活発化、交通機関に補助…沖縄県が第4次補正予算提案へ

県は、新型コロナウイルスの経済対策として、県産農林水産物や草花などを学校給食や公共施設に活用させる消費喚起策をはじめ、本島や離島と本土間の航空貨物便への定額補助、公共交通機関に慰労金支出などを実施する。農業や畜産、園芸、タクシーの各業界団体...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 454