ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4592件

キャッシュレスでスムーズに やんばる急行バス、クレカで支払可能に 16日から

琉球銀行(川上康頭取)は16日から、やんばる急行バス(宮城勇代表社員)の路線バス車内で、キャッシュレス決済の取り扱いを開始する。  路線バス全17台の車内で、クレジットカードや電子マネーなどで支払いができる。  国際カードブランドのビザとマ...

つづきはこちら

「悲鳴に近い声も聞こえてくる」新型コロナで経済団体会議が臨時会議 県内企業の...

県内経済12団体で構成する県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は10日、新型コロナウイルス感染拡大への対策を話し合う臨時会議を、那覇市の沖縄ハーバービューホテルで開いた。感染拡大による観光客の減少やイベント自粛が県経済に打撃を与えている状況を確...

つづきはこちら

ゆいレールでSuicaの利用開始 那覇空港駅で記念セレモニー 「シームレスに...

沖縄都市モノレール「ゆいレール」で10日から、全国共通の交通系ICカード「Suica(スイカ)」など10種類のカードの使用ができるようになった。同日、那覇空港駅でサービス開始を記念しセレモニーが開かれた。  10日から新たに使えるようになっ...

つづきはこちら

高卒の就職内定率、過去最高の80% でも全国と14.4ポイント差

沖縄労働局(福味恵局長)は6日、2020年3月に県内の高校を卒業する学生の就職内定率(20年1月末時点)が80・0%(前年同期比1・1ポイント増)となり、過去最高値を更新したと発表した。だが全国の新規高卒者の内定率は94・4%で14・4ポイ...

つづきはこちら

「雇い止めにすると言われた」 新型コロナの影響で相次ぐ休業相談 沖縄労働局 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う観光業など経済活動への影響を踏まえ、沖縄労働局(福味恵局長)が開設した特別相談窓口に、助成金や休業に関する相談が相次いでいる。開設日の2月14日から3月3日まで、事業者や労働者ら244人から計296件の相談が...

つづきはこちら

海も天然温泉も ベッセルホテルが初リゾート 北谷町美浜にオープン

ベッセルホテル開発(広島県、瀬尾吉郎社長)は1日、レクー沖縄北谷スパ&リゾートを北谷町美浜に開業した。同社が県内に建設するホテルは4棟目で、初のリゾートホテルとなる。地下1400メートルからくみ上げた天然温泉が設けられているのが特徴、最上階...

つづきはこちら

沖縄県産紅芋「基腐病」で生産減 菓子メーカー苦慮

サツマイモを腐らせる新たな病害「サツマイモ基腐(もとぐされ)病」が久米島など沖縄県内の主要産地で発生している。サツマイモの一種である紅芋でも被害が出ており、生産量の減少で県内の菓子メーカーは原料の確保に苦慮している。御菓子御殿は看板商品の「...

つづきはこちら

新型コロナも影響した観光客減…旅行会社が経営悪化で社員250人休業、退職勧奨...

県内旅行業大手の沖縄ツーリスト(OTS、東良和会長)が、観光客減少に伴う経営の悪化に伴い、県外支店を含む社員570人のうち250人について4日から業務を休ませることを決めた。十数人程度の社員には退職を勧奨している。社員の休業は3月末までを予...

つづきはこちら

人生100年のライフプランニングをサポート 琉球新報社がシニア対象に「生活の...

琉球新報社は2日、シニア層やその家族を対象に相続や終活など生活の不安、悩み事の解決方法を一緒になって考える「琉球新報ライフコンシェルジュ生活の窓口」の業務を始めた。  「生活の窓口」は相談を無料で受け付け、ファイナンシャルプランナーの資格を...

つづきはこちら

観光バス乗降場を開設 渋滞緩和へ一役 那覇・のうれんプラザ隣に

沖縄県那覇市が同市樋川の「のうれんプラザ」隣に整備した貸し切りバス(観光バス)専用乗降場が1日、運用を開始した。観光バスの駐停車による市内の渋滞を緩和しようと、昨年10月に運用開始した同市通堂町のバス待機場(駐車場)と共に整備を進めていた。...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 460