ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4550件

東京進出「やっぱり」行列 吉祥寺店初日、替え肉注文も相次ぐ

【東京】格安ステーキ店「やっぱりステーキ」の東京初進出となる吉祥寺店が17日、東京都武蔵野市にオープンした。2015年の那覇市の1号店以来、51店舗目。開店を聞きつけたファンや近所の住民らで開店前から行列ができた。テラス席ではペット連れの飲...

つづきはこちら

那覇―本部 75分で 高速船ジンベエ・マリン就航

第一マリンサービス(那覇市、熊坂俊彦社長)が運航する高速船「海からぐるっとEXPRESS」は20日から、那覇―本部を直行でつなぐ新たな航路を就航する。約30メートルのジンベエザメのプリントを施した船体の愛称は「ジンベエ・マリン」。所要時間7...

つづきはこちら

リウボウとピエール・カルダンがコラボ 限定シャツ制作「沖縄の新しいスタイル」

リウボウインダストリー(那覇市、糸数剛一社長)はファッションブランドのピエール・カルダンジャパン(東京、堀川譲二社長)とコラボし、「RYUKYU SHIRT(リュウキュウシャツ)」を制作した。デパートリウボウのオリジナルブランドとして立ち上...

つづきはこちら

コロナ禍に負けず やっぱりステーキが東京進出 5年で県内外50店舗超に拡大

格安ステーキ店「やっぱりステーキ」の関東・東京地域初出店となる吉祥寺店が17日、東京都武蔵野市吉祥寺南町にオープンする。2015年に那覇市松山で1号店を開店して以来、全国51店舗目まで拡大し、いよいよ激戦区の首都圏に進出する。運営するディー...

つづきはこちら

電気料金の支払いで戦隊ヒーローを応援 なはエネルギーが「マブヤーでんき」

新電力のなはエネルギー(沖縄県那覇市、村上ゆかり社長)が、電気料金の支払いを通じて「琉神マブヤー」の活動を応援する「マブヤーでんき」サービスの申し込み受け付けを12日に開始した。利用者が支払った電気料金の一部を使い、琉神マブヤーの子育て支援...

つづきはこちら

県内企業のロシア展開などを支援 沖銀がRCGと連携協定

沖縄銀行(山城正保頭取)は15日、県内企業の海外展開支援を目的に、コンサルタントのRCG(東京、天間幸生社長)との包括的連携協力を発表した。RCGの持つパイプを生かし、ロシアなど海外への販路拡大を図る。16日に協定書を締結する。  RCGの...

つづきはこちら

移動自粛解除伴い空港に看護師 観光客の健康確認で常駐化 県など最終行動計画を決定

新型コロナウイルス感染拡大に伴う沖縄県外と沖縄との間の移動自粛が19日で全面解除となるのを前に、県は15日、県医師会や観光関連17団体が参加した「新型コロナウイルスに負けない安全・安心な観光地づくりに関する対策会議」の第4回会合を、那覇市の...

つづきはこちら

白バラ洋菓子店×明治乳業「ショートケーキアイス」発売 開発2年「ケーキの食感」

沖縄明治乳業(村田紳社長)は16日から、白バラ洋菓子店(比嘉恭一社長)とコラボした新商品のカップアイス「白バラ洋菓子店監修 ショートケーキアイス」を販売する。白バラ洋菓子店のショートケーキをイメージして、ケーキのようなふわっとしたアイスクリ...

つづきはこちら

島ぞうりとやちむん柄のかりゆし 学生がデザインしました 県内で販売

かりゆしウエアブランドの「MAJUN」を展開する日進商会(糸満市、大城直也社長)が主催する「学生かりゆしデザインコンテスト2019」で、グランプリを受賞した2作品がこのほど商品化された。島ぞうりとやちむんをモチーフにした新鮮なデザインのかり...

つづきはこちら

沖縄最大級のマリン遊具施設きょうオープン 豊崎「ちゅらウォーターパーク」

【豊見城】ちゅらベンチャー協同組合は13日、豊見城市豊崎の美らSUNビーチで県内最大級のマリンアスレチック「ちゅらウォーターパーク」のプレオープンイベントを開いた。親子連れなど約35人が参加し、梅雨明けの夏空の下、水しぶきをあげて楽しんだ。...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 455