ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4517件

県産きのこ料理で全国へ 南部農林高2年の赤嶺柚花さん

県農林水産部はこのほど、「県産きのこ料理コンテスト」を那覇市旭町のカエルぴあ那覇で実施した。「全国大会コース」31作品の中から、南部農林高2年の赤嶺柚花さんの作品「きのこリゾット きのこ味噌(みそ)を添えて~ふわふわソースとともに~」がグラ...

つづきはこちら

「わさびとしょうゆ、というイメージを変えたい」 マルキン海産が刺し身向けドレ...

モズクのマルキン海産(浦添市)は、刺し身向けのドレッシングを開発した。県民が好きなマグロの刺し身のほか、海鮮サラダや揚げ物にも合う。量販課の金城裕哉課長代理は「刺し身はわさびとしょうゆのイメージだが、ドレッシングもあっさりしておいしい」と語...

つづきはこちら

沖縄の魅力はバスツアーで ミス沖縄が県の助成をPR 観光支援に多様な商品

沖縄観光コンベンションビューローと美ら島観光施設協会、全国旅行業協会県支部が9日、琉球新報社を訪れ、県の「おきなわ彩発見バスツアー促進事業」をPRした。県内旅行の助成で、ツアー商品の金額に応じて助成金を支払う。新型コロナウイルスの影響で団体...

つづきはこちら

泡盛老舗がウイスキー 「新里」きょう発売 「沖縄らしい味わい表現」

 【沖縄】新里酒造(新里建二社長)は、ウイスキー「新里」を10日に発売する。スコットランド産ウイスキーをベースに、同社の樫樽貯蔵泡盛13年古酒をブレンドした。7日、琉球新報中部支社を訪れた新里社長は「老舗泡盛メーカーの新たな挑戦。泡盛好きに...

つづきはこちら

オンライン診療を与那国島で実証へ 離島で全島民対象は全国初 セルラーとメドレ...

 沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)と医療プラットフォーム事業を手掛けるメドレー(東京)は9日、那覇市の沖縄セルラー本社で記者会見を開き、与那国町民約1700人を対象としたオンライン診療の実証事業を開始すると発表した。離島地域で全島民...

つづきはこちら

「必要とする人に届けたい」フードドライブで食品188点を南風原社協に寄贈 イ...

 イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は、家庭の余剰食品を募って寄付をする「フードドライブ」を実施し、店舗に寄せられた食品を各市町村の社会福祉協議会に贈呈している。取り組みの一環として、イオン南風原店は8日、米やレトルト食品など188点を南...

つづきはこちら

沖縄、11月の倒産は2件 休廃業・解散は過去最多を上回るペース

東京商工リサーチ沖縄支店は1日、11月の県内企業の倒産状況(負債総額1千万円以上)を発表した。倒産件数は前月比66・7%減の2件、負債総額は同75・8%減の8700万円だった。金融支援の効果により、11月としては件数が過去最少、負債総額は過...

つづきはこちら

新感覚デザート「大とろ牛乳」沖縄上陸 名護のカフェが提供

沖縄県名護市宇茂佐のカフェ「サニークラップ」は4日、店名を「ナゴフラッグ」に改めてリニューアルオープンした。群馬県水上(みなかみ)町で誕生し、人気の新感覚デザート「大とろ牛乳」(税込み600円)を県内で初めて提供している。 大とろ牛乳は群馬...

つづきはこちら

沖縄セルラーと宮古島市が健康促進でタッグ ウエアラブル端末配布、血圧や歩数を...

【宮古島】沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)と宮古島市(下地敏彦市長)は2日、第2回宮古島健康プロジェクトを開始すると発表した。官民で協力し、市民を対象に健康に関する各種データ計測と歩数促進イベントなどを通じて健康状態の見える化を進め...

つづきはこちら

沖縄ファンから届いた思い出話に返信しよう! コンベンションビューローが募集中

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は、県外の沖縄ファンから届いた沖縄旅行の思い出エピソードに対する県民の返事「おきなわ結ストーリー」を募集している。2日、OCVBのミス沖縄クリーングリーングレイシャスの新里瑞紀さんら...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 452