ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4559件

ドンキ壺川店、来月6日に開店 フードコートも設置

ディスカウントショップ大手のドン・キホーテ(東京都)は3月6日に、県内7カ所目となる那覇壺川店を開店する。  地上11階建ての1、2階にドン・キホーテが入居し、3、4階は共用駐車場、5階以上はホテル「東急ステイ」が入る。売り場面積は3490...

つづきはこちら

ゴーヤーバーガーでおなじみ 沖縄のファストフード「ジェフ沖縄」の2代目社長は...

沖縄県内でファストフード店を展開するジェフ沖縄(与那原町)の喜名史弥社長(44)が10日、那覇市泉崎の琉球新報社を訪れ、2代目社長として「地元のお客さまに愛される店づくりを進めて、幅広い世代に利用してもらえるようにする」と目標を語った。  ...

つづきはこちら

へルシアと食事が楽しめる「へルシア祭」 14~16日に新報1階で開催

14~16日に沖縄県那覇市泉崎の琉球新報1階広場「あじま~る」で開催する「1日1本でカラダは変えられる!ヘルシア祭」に向け、花王グループカスタマーマーケティングの菊地俊夫執行役員らが10日、琉球新報社を訪れ、イベント内容を紹介した。  特定...

つづきはこちら

副賞はデパートリウボウでの個展開催の権利 県立芸大卒展にリウボウ賞創設

沖縄県立芸術大(比嘉康春学長)とリウボウインダストリー(糸数剛一社長)は10日、同大の卒業・修了作品展にデパートリウボウ賞を創設することで合意した。学業と商業という互いの強みを生かし、芸術を担う人材の育成などを目的としている。副賞として卒業...

つづきはこちら

レゲエダンサーと紅型職人がコラボ 若者向け紅型かりゆしウエアが誕生

安里紅型工房(宜野湾市)の職人・安里昌敏さん(35)と同市出身のレゲエダンサー・I―VAN(アイバン)さん(35)らが、若い世代に紅型を普及しようと、かりゆしウエアなどの商品開発に取り組んでいる。2人は宜野湾市立志真志小学校の同級生。10年...

つづきはこちら

JA金融支店11月から統廃合 資材店は意見集約

JAおきなわ(普天間朝重理事長)が検討する店舗再編計画案について、又吉宗光常務が7日、那覇市壺川のJA会館でマスコミへの説明を実施した。又吉常務は「信用、共済事業で農業事業の赤字を補完してきたが、マイナス金利で稼ぎ頭の信用事業が厳しい状況に...

つづきはこちら

2000円札を使えば寄付金に 首里城再建で沖縄県銀行協 流通500万枚増を目指す

沖縄県内に店舗を構える6金融機関でつくる県銀行協会(会長・川上康琉球銀行頭取)は6日、首里城再建の支援金として、「守礼門」を描いた2千円札の県内流通量の増加分に応じた金額を県に寄付すると発表した。2021年12月までの2年間で、2千円札流通...

つづきはこちら

行きたいところどこにでも 遠隔操作で風景や音を体感 ANAの「newme」が...

リゾテックオキナワの出展企業から、優れた技術や製品、サービスを表彰する「リゾテックアワード」が5日に宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれ、アバターサービス「newme(ニューミー)」を出展したANAホールディングスが総合グランプリに...

つづきはこちら

ビジネスチャンスをつかめ! 国内最大級のIT見本市が開幕 136社が出展

国内最大級のIT見本市「リゾテックオキナワ おきなわ国際IT見本市」(同実行委員会主催)が5日午前、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで始まった。6日まで。海外を含め、県内外から136社(県内77社、県外34社、海外25社)が出展して自社...

つづきはこちら

失業率2.7%で復帰後最低 2年連続更新 沖縄県内19年

県統計課は3日、2019年の完全失業率が前年に比べて0・7ポイント改善し、2・7%になったと発表した。沖縄の日本復帰以降、過去最低値の更新は昨年に続いて2年連続となった。県の企業誘致や観光産業を中心にした県経済が好調であることや深刻な人手不...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 456